車の購入とリースはどっちがお得?カーリースのメリットデメリットについて紹介!

自動車購入とカーリースを比較!

自分専用の車が欲しいと思ったら、自動車を購入する以外に借りるという手段もあります。借りると言ってもレンタカーを利用するわけではありません。レンタカーは、1台の車を様々なユーザーが使いまわすシステムですから、1人のユーザーが1台の車を独り占めできないことは周知のとおりです。カーリースなら、1台の車を自分専用として使えます。車を購入すると、税金・保険料・車検費用など維持に必要な出費を全て自分で行わなければなりませんが、カーリースを利用すると、一度にこうした大きな出費がなく、一定額の月額料金を支払いさえすれば車を使い続けられるのです。

カーリースのメリット

カーリースは、頭金や法定費用などの初期費用がないほか、車検や不定期に発生する維持費の出費もなく、毎月定額の料金を払えば乗り続けられます。この定額料金の出費は、事業者なら経費として確定申告に計上できるでしょう。カーリースを長期間利用すると、最終的に車をもらえるシステムを用意している会社もあります。また、中古車の購入の場合と異なり、豊富な車種の中から自分の好きな車を選べます。

カーリースのデメリットと対処法

カーリースには、デメリットもあります。月々の支払いが少ないとはいえ、支払総額と言う視点から見れば、一括購入より高額になるケースが多いでしょう。車体価格と月額料金を比較し、使用期間を考えたうえでカーリースにするか一括購入するか決めることが必要です。何よりも、いくらでも乗り放題という訳ではなく、月ごとの走行距離制限があることもカーリースの特徴と言えるでしょう。したがって、頻繁に長距離運転をする人は、カーリースよりも購入の方が経済的と言えるかもしれません。

中古車を探す際は「走行距離」や「車検の残期間」に加え、「定期点検整備記録簿」で車の状態を確かめておく必要があります。